段ボールと男性

メーカーの修理

バイオリン

ピアノ修理は一般業者を利用するのがトレンドである

ピアノ修理をするときに利用するのが、そのピアノのメーカーが実施しているピアノ修理サービスです。 このサービスはメーカーに依頼するので安心感がありますが、メーカーピアノ以外は修理をしてもらえないのと、あまりに古いピアノであった場合パーツが無く修理不可能というような場合があります。 そこで、このようなときは一般のピアノ修理業者を利用するといいでしょう。 ここでは、多くのメーカーのピアノ修理に対応しており、どのメーカーのピアノを持ち込んでも対応できるのです。 それだけはなく、ピアノ修理業者のなかには国産のピアノメーカーだけでなく、海外のピアノメーカーの修理もしてくれるお店が存在してるので、非常に融通の利くサービスといえます。

店頭に持って行くかそれとも出張修理か

ピアノ修理をする場合に気になるのが修理金額です。それともうひとつどのような修理サービスがあるのかということが気になりますが、これは基本的に店頭での修理がメインです。 この店頭での修理は、お店まで持って行かないといけないので、ピアノを店頭まで持って行くための専用のトラックなどが必要になります。 なのでこのようなときは、出張修理というサービスを利用すると、わざわざ店頭まで持って行く手間が省けるのです。 この出張修理は、自宅までお店の人が来てくれてそこでピアノの修理をしてくれます。ただし、この出張修理はピアノの壊れ具合が重要であり、軽度の壊れ方であれば対応可能となる修理業者もいるので、依頼前に確認しておくといいでしょう。

注目の記事